JR板橋駅に近く商店街、公園にも近い5階建てワンルームマンション施工事例

物件名   上板橋プロジェクト「THE TEN II」
所在地   東京都北区滝野川
主要用途  共同住宅
構造    鉄骨造
規模    地上5階
敷地面積  51.62m2
建築面積  35.13m2
延床面積  175.07m2
設計・監理 株式会社ミニマ
設計・施工 株式会社工房

正面から見るとシンメトリー(左右対称)にデザインされた外観が特長です。

グレイで落ち着いた色調です。エッジの効いた直方体5階建て。1階の外壁色を変えたため、地に足がついた印象に仕上がっています。

1階エントランス。手前のドアは1階の101号室、唯一、オートロックを通らない居室です。

木目調のシートが美しいエントランスです。防滑性のある屋外用ビニル床シートを使用しています。

1階エントランス奥の吹き抜け床には落ち着きのある黒玉石。乾いている状態では灰色で濡れると黒色になり高級感が感じられます。

黒色で統一されたポストと宅配ボックスにアイホン社製カメラ付きオートロック操作盤です。

3階の廊下と外階段、廊下も木目調シートが施工されており、壁面のグレイ色ともマッチした落ち着いたデザインです。

5階の外階段から西側の板橋駅方面を見る。抜けていて風が感じられる気持ちのいい場所でした。

5階外階段から北東側を見ています。こちら側も隣接する建物が無く遠くまで見通せています。

5階東側居室です。グレイと濃いグリーンのクロスに木目調のフロア材の組み合わせが目を引きます。

左手から右を見ます。外光が良く入る明るい部屋になっています。レール式の照明器具も備え付けです。

キッチンは洗面を兼ねたミニマムなデザイン、卓上タイプのIHクッキングヒーター、床置き式の洗濯機も備え付け。

5階西側居室です。窓は小さめですが・・↓

玄関を入ってすぐのところに吹き抜けに面した窓があり、ワンルームマンションには珍しい対面2方向に窓がある構造です。この居室も洗濯機備え付け。

お風呂はシャワーのみと割り切っていますが、一人暮らしならこれで十分。

夕闇迫る時間帯でも明るい外廊下、外階段です。

1階エントランスのドア。ガラスで向こう側が見えるので安全面に配慮された設計です。

夜間のエントランスも十分な明かりを灯していました。安全・防犯に配慮が行き届いています。

見下ろすと、大きな桜やケヤキがある公園がありました。都内のJR駅から徒歩5分程度の場所ですが、住環境のとてもいい場所に感じます。

設計担当:株式会社工房 / 長谷川隆彦からひと言

商業系用途地域に助けられ、狭小地でありながら5階建てを実現。外壁には一部リブ付パネルを使用し、落ち着いた色調にまとめました。
敷地奥側の部屋においては、避難経路及び採光を確保する吹抜に接しています。室内は決して広くないが、無駄を省き一人暮らしをするには十分な環境です。
施工担当:株式会社工房 / 新庄貴男からひと言

5階建て集合住宅ですが道路に接する敷地の間口が4.4m。このような作業計画には近隣のご理解が無ければ、施工の実現は難しいものでした。近隣の皆さまのご理解に感謝申し上げます。
また建物の中心に吹抜けを隔てている各階の間取りなので、作業中の隣室の音は気になりませんでした。この敷地や構造で同じフロアの隣室の生活音が気にならない設計は魅力的です。
営業担当:株式会社工房 / 平井雄一からひと言

落ち着いた色合いに、エントランスの木目が映えます。私の若い頃は、4畳半に収納無し、安いステンレスのシンクに電気コイルのコンロ、ビニールシート(CF?)にコタツとせんべい布団敷いていっぱいでした。TVも無く、もちろんインターネットなんか無かった時代。今の一人暮らしは素敵だなと思います。どんな人が住むのだろう。
トップへ戻る